本文へスキップ

前立腺がんは患者数が急増している癌です。早期発見のために前立腺がんの原因、症状、検査、治療を知っておきましょう!

前立腺がんの検査(直腸診)

目次


直腸内指診とは


 直腸内指診(以下、直腸診)とは、医師がゴム手袋の指にゼリーをつけ、肛門から直接指を入れて前立腺の大きさや硬さを触診する検査です。前立腺は直腸のすぐ隣にあるので、肛門から指を入れると直腸の壁越しに前立腺に触れることができます。


 直腸診を受ける際は、ズボンを下げてベッドの上で側臥位と呼ばれる横向きになるよう指示されます。医師は手袋をはめた人差し指か中指にゼリーを塗り、肛門からゆっくり指を挿入します。そして指の腹側で直腸の壁越しに前立腺に触れ、前立腺の状態を調べます。

 肛門から指を入れて行う検査のため、多くの患者が直腸診に抵抗を感じますが、医師が直接前立腺の状態を確認できる大切な検査ですので、恥ずかしがらずリラックスして受けるようにしましょう。



前立腺がんになると前立腺はどうなる?


 正常な前立腺は表面が滑らかで柔らかく、栗のような大きさと形をしている臓器ですが、前立腺肥大症などで肥大するとゴムのような弾力性を持つようになり、直腸内に突き出てくるようになります。

 さらに前立腺が癌になると、表面は石のように硬くなり、ゴツゴツしてきます。医師は直腸の壁越しに前立腺に触れることで、前立腺の硬さや表面の状態(デコボコしているか)、大きさが左右対称かなどを調べます。直腸診を受けた患者のうち、20〜40%に異常が発見されるとされています。

 直腸診は医師が直接前立腺の状態を確認できる大切な検査ですが、医師が指で触れられるのは前立腺の背中側だけであり、お腹側に癌が出来ている場合は触診で確認することができません。

 また、早期の前立腺がんを触診で見つける事は難しく、触診で発見できるのはある程度進行した癌です。さらに、医師の経験値や熟練度によっても検査結果は変わってしまうことがあるため、前立腺癌の検査には超音波検査PSA検査生検なども行って最終的な診断をします。




関連記事
前立腺がんの症状とは
前立腺がんを早期発見するには
前立腺がんの検査(問診・尿検査)
前立腺がんの腫瘍マーカー(PSA検査)
前立腺がんの検査(超音波検査)
前立腺がんの検査(生検)
前立腺がんの画像検査(CT・MRI・骨シンチグラフィー)
前立腺がんの治療とは
前立腺がんの手術とは



前立腺がんとは

前立腺がんの原因

前立腺がんの症状

前立腺がんの検査

前立腺がんの治療

前立腺がんの手術

前立腺がん治療後の後遺症


アクセスランキング
1 初期の前立腺癌は無症状?前立腺癌の症状には何があるの?
2 前立腺ってどんな臓器?どこでどんな働きをしているの?
3 早期で前立腺癌を発見するには何をすべき?検診で見つけられる?
4 前立腺癌の検査ってどんな検査をするの?検査で何がわかるの?
5 前立腺癌はどうやって治療するの?前立腺癌の根治を目指した治療とは?
6 前立腺癌の原因って一体何?どうして患者が増えてるの?
7 前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA検査とはどんな検査?
8 直腸診ってどうやってする?前立腺の何がわかるの?
9 ブラキセラピーとはどんな治療法?痛みや副作用はないの?


あわせて読みたい前立腺がんトピックス
前立腺肥大症と前立腺癌は何が違うの?前立腺肥大症から癌になる?
前立腺癌の手術にはどんな種類があるの?手術すれば再発はしない?
前立腺癌のホルモン療法とはどんな治療?治療に伴う副作用はないの?
前立腺癌の放射線治療にはどんな種類があるの?放射線治療で根治は可能?
前立腺癌の治療は後遺症が避けられない?治療に伴う後遺症のリスクは?
前立腺癌の進行具合を表すステージ(病期)はどうやって分類するの?
前立腺癌の悪性度を決めるグリソンスコアとは?どうやって決めるの?